ファンダメンタルズ分析VSテクニカル分析

sdf88kk 投資判断を行なうための重要な手法は「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」に大別されます。ファンダメンタルズ分析というのは、経済指標や経済基盤といった「経済の基本部分」のデータを分析にかけて、将来の為替の動きを予測する手法。一方のテクニカル分析は、過去の値動きのデータの中に一定のパターンを見出して未来の値動きを予見する手法。さて、FXで利益を上げるのに大切なのは、「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」のどちらでしょう?

回答は、、、

どちらでもない、が答えです。この二つの分析手法に価値の上下はありません。どちらも分析手法としては非常に有効です。そして、そのどちらにも一長一短があります。

適材適所で二つの分析手法を使い分けるべきです。ファンダメンタル分析の長所は、中長期の投資判断の裏付けです。政策金利や失業率といった重要な経済指標の推移を追うことが、長いスパンでその国の通貨価値が上昇するか下落するかの予測に役立ちます。

テクニカル分析は対照的に、短期での投資判断に向いています。MACD、ボリンジャーバンド、移動平均線といったテクニカル指標は、現在の相場が短いスパンでどう動くか予見する際に重要です。なお、MACD、ボリンジャーバンド、移動平均線といったテクニカル指標は、ほとんどのFXまたはバイナリーオプション業者があらかじめ用意してくれますので、自前で表を作成するような必要はありません。ご心配なく。

ファンダメンタルズ分析がプロに愛されるわけ

「ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に価値の上下はない」と書きましたが、実際のプロの投資家のあいだでは、ファンダメンタルズ分析のほうが人気があります。

こう書くと、「そうか!ファンダメンタルズ分析が一番なんだ!」と早合点する人がいそうですが・・・・それは間違いですすでに述べたように、二つの手法に上下などないのです。では、どうしてプロがファンダメンタルズ分析に偏るのか。難しく考えるのではなく、人間の心理を推し量ると理解できます。

「この国の経済指標がどうのこうの・・・・」と、アカデミックな視点や難解な経済理論を駆使したあげくに損害を出した場合と、「このチャートからすると、経験上ここがしかけるタイミングだ!」と述べて外れた場合、どちらが心理的に負担になるでしょう?経済についてうんぬんしている前者のほうが、なんとなく専門家っぽく見えますよね?プロがファンダメンタルズ分析を多用する一番の理由は、その点にあると思います。

理屈をこねて説明することで、なんとなく「説明責任」をまっとうしたようで楽なのでしょう。クライアント側でも「これだけの専門家の予想がハズれたのならどうしようもない」と、心理的に折り合いをつけてしまいそうですし。「プロがファンダメンタルズ分析を多用している」イメージに惑わされることなく、状況に応じて適材適所で分析手法を切り替えることが大切です。

安定した利益

安定して利益を得られる投資というのも考える必要があります。損失ばかりを計上しているような商品を使うわけにはいきません。商品先物を利用する場合は安定感というものが結構重要な部分になりますから、利用する場合はどの商品が安定しているのか確認してください。

金や銀といった物が結構安定して利益を出せるようになっているので、利用する場合は出来る限り暴落というものが起こらない商品を利用してください。不安定な物は非常にリスクが高く、損失が計上されやすいです。


fs