デイトレードは本当に優れた投資なのか?メリットとデメリットを考える

 オルタナティブ投資の一つである「不動産投資」。
土地や建物等の不動産の運用によって収益を得るスタイルの投資法です。
自身で不動産を購入する「現物投資」に加え、最近では1000円といった少額からでも投資ができる「不動産信託」も人気を集めています。

≪不動産投資の種類≫

1.現物投資
マンション等を実際に購入し、運用をして利益を出す方法です。
「大家」が店子から家賃を取って儲ける、と考えるとわかりやすいですね。
「不動産での投資」というと、投資初心者の中にはこのイメージを持つ人が多く、「不動産投資は敷居が高い」と思われてしまっているようです。
しかし実際には以下の「不動産信託」で、気軽に投資を行っている一般投資家も多いんですよ。

2.不動産信託(REIT)
「REIT(リート)」とは、複数の投資家達から資金を集めて、資産運用の専門家達が不動産の運用を行う方法です。
運用によって生まれた利益は、資金を出した投資家たちに分配されます。
日本国内での法律に則った不動産信託は「JAPAN」の頭文字を加えて「J-REIT」(ジェイ・リート)」と呼ばれています。

REITのメリットは、投資家達が多く集まれば、少額でも大きな不動産を運用できるという点です。
例えば500円、1000円といった気軽な価格で、オフィスビル、ショッピングモールといった大型商業施設に投資をすることもできます。

≪不動産投資のメリット≫

1.価値の変動が緩やか
通貨や株券といった取引対象は、日々変動を続け、時には急激な下落をすることもあります。
しかし不動産の価値は上記のような大幅な変動を見せません。

2.デフォルトに強い
マンションやオフィスビルといった不動産は、経済がどんな状況となっても人々から必要とされる投資対象です。
価値や需要がゼロとなることは無いため、万一のデフォルトといったリスクに強く、堅実性を持っています。

3.利益が安定している
所持をしているだけで運用による利益が得られます。
いわば「銀行に預けた利子」のような感覚ですね。
頻繁に売買をするといった必要が無いため、投資が初めてと言う人、投資にあまり時間をかけられないと言う人にも向いています。

≪不動産投資のデメリット≫

1.不動産価値の下落

堅実さを持つ不動産投資ですが、急激な不況、金利の大幅な変動等によって将来的に価値が下落するリスクも持っています。
価格下落の際のリスクに強い、需要が高く優良な不動産を選択することが大切です。

2.自然災害によるリスク
不動産投資で最も大きなリスクとなるのが自然災害です。
特に日本国内の不動産については、地震災害、それによる火災といったリスクは考慮しておくべき点となります。
ただし被災をしなかった地域の不動産は需要が上がるため、リスクと同時に大きなリターンとなる可能性も含んでいると言えるでしょう。


最近ではネットで気軽に取引ができるFXやバイナリーオプション等も人気を集めていますが、不動産投資も小口化によってより身近になってきたと言えますね。
より一般的に、よりカジュアルになった「投資」に、ぜひチャレンジしてみてください。

安定した利益

安定して利益を得られる投資というのも考える必要があります。損失ばかりを計上しているような商品を使うわけにはいきません。商品先物を利用する場合は安定感というものが結構重要な部分になりますから、利用する場合はどの商品が安定しているのか確認してください。

金や銀といった物が結構安定して利益を出せるようになっているので、利用する場合は出来る限り暴落というものが起こらない商品を利用してください。不安定な物は非常にリスクが高く、損失が計上されやすいです。


fs