デイトレードは本当に優れた投資なのか?メリットとデメリットを考える

 デイトレードというのは1日で取引を完結させてしまったりする取引の事で、最近ではこのデイトレードのような超短期の取引が非常に人気があります。デイトレードでは超短期間の投資を繰り返して行う事から、毎日繰り返し繰り返し投資を行い、毎日繰り返し利益を確保する事で小さい利益を積み重ねるような投資や、大きな値動きに追従して一度に大量の利益を確保するような取引を行ったりとかなり多様な投資ができます。最近での短期のトレードはEUの値動きのおかげでやや激しい値動きを見せる通貨が増えてきました。この通貨の将来を短期に見定めて、確実な利益を出していくというのは投資を行う上で非常に嬉しい魅力です。そこで、デイトレーダーはこのようなFXによる将来予測だけでなくバイナリーオプションなどの投資商品を使って自分の利益を拡大しているのです。

FXにおいて取引の期間というのは非常に重要で、長期間に渡る取引を行う事で長期の間自分の資産をリスクにさらしてしまう事に繋がり、利益を手に入れる事はできるのですが、時と場合によっては大きな損害を被ってしまう事があるのです。そのため、超短期のデイトレード スイングトレードなどが最近になり好まれていて、特にスキャルピングという確実な利益を追い求めて通常では滅多に起こらないほどの取引の回数を積み重ね、勝率を高めた代わりに利益を減らし、手数を稼ぐ事で取引を行う投資も行われたりするのです。

最近になり一般に非常に広く知れ渡ったデイトレードですが、実際に行う場合には注意すべき点が多々あります。まず、デイトレードでは他の投資に比べてあらゆる知識を必要とします。株価や為替レートの変化を表すチャートの分析も単一の指標だけを頼りにした取引に陥ってはならず、複数の指標をもとに取引の方向性を決め、長期間に渡る繰り返しの取引を行う事が要求されます。このため。チャートの分析に関してもファンダメンタルズ分析と並行してテクニカル分析なども実践していく事が必要です。テクニカル分析の得意な短期間の目標数値の設定などを応用して、手数を稼ぎながら細かい値動きを追求するのは非常に重要な投資法です。このように、デイトレードを行う場合には非常に計画を立てた上でしっかりと利益を稼ぐ事が大切です。

しかし、デイトレードには非常に困ったデメリットがあります。まず、デイトレードは常にチャートに張り付く事が必要になるので、自分の生活の中にチャートに張り付く時間がどうしてもできてしまいます。また、デイトレードのような長期の取引ではどうしても心理的な要素を排除しながら取引を行う事が難しくなります。そのため、ちょっとした不安や。ちょっとした欲望がすぐに損失や利益に繋がってしまうのです。このような投資の性質をしっかり見定めて投資を行う必要があり、デイトレードではどうしてもハイリスクハイリターンな取引になってしまうのです。

取引には常にリスクが伴います。現実にノーベル賞受賞者が立ち上げたヘッジファンドが倒産してしまうという事例もあり、どんなプロでも投資には失敗がついて回るのです。このような理由から、実は個人の投資には注意が必要です。

個人の投資家は短期のデイトレードにこだわった投資を一度やめてみる事が必要になるかもしれません。資産運用のプロは必ずと言っていいほど長期間の投資を進めてきます。これは不安な気持ちや焦りなどを極力排除した冷静な取引を行う事ができる点が一つの理由だと言われていて、長期間の投資を行う場合には冷静にチャートの分析などを行う事でその経済状態の把握などができるようになるのです。正しい分析や正しい投資の計画を立てて、初めて投資は完成します。超短期の取引のような危ない取引を制限し、自分の生活や自分の考え方に見合った投資を行うようにしましょう。

安定した利益

安定して利益を得られる投資というのも考える必要があります。損失ばかりを計上しているような商品を使うわけにはいきません。商品先物を利用する場合は安定感というものが結構重要な部分になりますから、利用する場合はどの商品が安定しているのか確認してください。

金や銀といった物が結構安定して利益を出せるようになっているので、利用する場合は出来る限り暴落というものが起こらない商品を利用してください。不安定な物は非常にリスクが高く、損失が計上されやすいです。


fs